福島から始めるブックメーカー☆ぶろぐ

同じ志を持つ方、是非一緒に頑張りましょう!!( ¯ᒡ̱¯ )و

テニスの専門用語について

どーも。福島在住、石どんです! 

 今日も『福島で始めるブックメーカー☆』をお読み頂きありがとうございます!!

 

前回に続きまして、私は普段テニスをメインにbetしているのですが、賭ける項目について解説します。

大きく分けて以下の4項目です。

 

①MW(マッチウィナー)

基本テニスは6ゲームを2セット先取したプレイヤーが勝ちとなります。つまり、その試合(マッチ)の勝者(ウィナー)がどちらなのかに賭けるのがMWです。世界ランクをもとにランク上位者のオッズ(賭け倍率)よりも、ランク下位者の方が勝つ可能性が低いので、オッズが高くなります。全ての項目でこのオッズの動きは変動していき、試合の流れで逆転する場合もあります。

 

②SW(セットウィナー)

6ゲームをどちらが先に先取するかという賭けです。もし、ゲーム数が6-6で決着がつかない場合はタイブレークに突入します。その場合は延長戦として、先に7ポイントを取り、尚且つ2ポイント差がつくまで試合が続きます。

 

③GW(ゲームウィナー)

テニスのポイントの数え方は特殊で、15・30・40・GAMEという風に4ポイントを先取すればそのゲームを取れます。それがどちらが取るかに賭けるのがGWです。テニスの場合は圧倒的にサーブを打つ方が有利と言われており、サーブを打つ方がGWになる事を『キープ』、不利と言われるレシーブ側がGWになる事を『ブレーク』と言います。つまり、SWになる為には試合の中で何ゲーム『ブレーク』出来たかが重要になります。逆にいえば、サービスが安定している選手の試合はキープの可能性が高いのでGWに賭けやすくなります。

 

④TG(トータルゲームインセット)

上記の3項目はどちらが勝つかという見方ですが、このTGは1セットが何ゲームで決着がつくかに賭ける項目です。この項目は『over』『under』という2種類があります。

例えば6-2で決着したセットがあるとします。その場合、全部で8ゲームで決着がつきましたので、under8.5以上とover7.5以下に賭けた人が的中となります。以下の画像参照↓↓↓

選手の力が拮抗していてどちらが勝つか分からない試合に賭ける項目ですね(^^)

 

どうでしょうか??なんとなく用語の意味は分かりましたか??

では次回こそ実績を発表します。笑

だいぶ引っ張っていますが、大した実績じゃなかったりして…^^;

上記の項目の意味を理解した上で、実績を見て頂けたらと思います!

 

では、今日も『福島で始めるブックメーカー』をご覧頂きありがとうございました!!また次回もお楽しみに☆

感想、ご意見、質問、どしどしお寄せ下さい!!一緒に稼いでいきましょう(^^)